いろいろソーシャルニュース

詳細

行方知れずになること、「徘徊」と呼ばないで:朝日新聞デジタル

行方知れずになること、「徘徊」と呼ばないで:朝日新聞デジタル

認知症がある程度進行してくると、自分がいる場所がわかりにくくなったり、時間の感覚がわかりにくくなったりする「見当識障害(障がい)」が見られます。この見当識障害が原因で、いま自分が歩いているところが突然、わからなくなり、「どうしよう」と頭が真っ白になって、うろたえながら帰り道をさがす。こんな行動を「徘徊(はいかい)」と呼んでいます。 このとき、軽い意識混濁を伴う「せん妄」の状態になっている人も一部に...

はてなブックマーク - 行方知れずになること、「徘徊」と呼ばないで:朝日新聞デジタル はてなブックマークに追加


リンク元:https://www.asahi.com/articles/SDI201801090849.html

カテゴリ:暮らし  リンク数:58  共有

1ページ前に戻る

【同じカテゴリの記事】

【この記事に関するつぶやき】

該当するつぶやきがありません。


【広告】

【最新記事】

城の床板にこっそり、大工が書い... 257

城の床板にこっそり、大工が書い... 359

君が代不起立で再雇用せず 元教... 440

デザイン原則の実践|dely ... 670

【興奮注意】女体の代わりに野菜... 492

新元号の事前公表に反対 日本会... 232

カドカワ川上社長、東京五輪の文... 258

自民党・杉田氏「LGBTは子供... 237

ディズニーランドでパワハラか ... 108


| 全ての記事 | 総合 | 一般 | 社会 | 政治・経済 | 生活・人生 | スポーツ・芸能・音楽 | 科学・学問 | コンピュータ・IT | ゲーム・アニメ | おもしろ | 動画 |


©2018 株式会社雅 All rights reserved.