いろいろソーシャルニュース

詳細

命に関わる損をさせても「表現の自由」なのか 健康本を巡る出版関係者の思い

命に関わる損をさせても「表現の自由」なのか 健康本を巡る出版関係者の思い

“目は1分でよくなる!”“《塩と水》だけであらゆる病気が癒え、若返る”“がんに勝つレシピ”“医者に頼らなくてもがんは消える”……書店やAmazonで目を引く場所には、このようなタイトルの、いわゆる「健康本」がずらりと並んでいる。 これらには医師などの専門家から「科学的根拠が疑わしい」と批判の声も多い。特に、“医者に頼らなくてもがんは消える”のように医療を否定・批判する本は、それを読んだ患者が適切な...

はてなブックマーク - 命に関わる損をさせても「表現の自由」なのか 健康本を巡る出版関係者の思い はてなブックマークに追加


リンク元:https://www.buzzfeed.com/jp/seiichirokuchiki/kenkobon-04

カテゴリ:暮らし  リンク数:415  共有

1ページ前に戻る

【同じカテゴリの記事】

【この記事に関するつぶやき】

該当するつぶやきがありません。


【広告】

【最新記事】

任天堂がコロプラを訴えた裁判資... 207

AWSのシステム構成情報を集め... 290

「史上最大」の脳腫瘍を摘出 イ... 62

プレミアムフライデー 開始から... 69

【仮想通貨の裏手法】仕手グルー... 79

[特報]NTTドコモとau、ソ... 75

外国人が日本の昭和ソングにハマ... 106

Python Webスクレイピ... 801

裁量労働制とはこういう制度(佐... 227


| 全ての記事 | 総合 | 一般 | 社会 | 政治・経済 | 生活・人生 | スポーツ・芸能・音楽 | 科学・学問 | コンピュータ・IT | ゲーム・アニメ | おもしろ | 動画 |


©2018 株式会社雅 All rights reserved.